背中のニキビが気になる人必見!背中のブツブツの治し方

綺麗な背中
夏も近づいてきて肌の露出が増える方も多いかと思います。
友達に海に行こうと誘われたけど、どうしても「うん」と言えない原因に背中ニキビを挙げる方も多くいます。

せっかく羽目を外して思いっきり楽しみたいのに背中ニキビが原因で夏を思う存分楽しめないとなったら人生損です。
そこで今回はそもそも背中ニキビがなぜ起こってしまうのかと、それぞれの原因に対する解決策を紹介していきたいと思います。

背中ニキビには原因が様々

一言に背中ニキビとは言っても原因は様々です。先ずは敵を知る所から始めていきましょう。
【1.カビ菌の増殖】
え?カビ?と思わず反応してしまった方もいるはずですが、安心してください。
実は背中にいるマラセチア菌というのは誰しもが持っている菌です。しかし、誰しもが持っているからと言ってほおっておいて良いという理由にはなりません。

実は、このマラセチア菌は皮脂をエサに増殖をするのですが、汗をかきやすいこの季節は特に増殖をする傾向にあります。すると必然的にニキビができやすい状態になってしまうというわけです。

【2.不規則な生活】
睡眠不足などの不規則な生活もニキビができやすい原因です。
これは背中ニキビだけでなく顔や腕などのニキビまたは、それ以上に体調を崩しやすくなってしまうのでより危険性が高くなってきます。

特にGWなどのまとまった休みなどを経るこの時期は生活のリズムをつかみづらく、夜更かし・朝寝坊をしやすい季節でもあります。
単発でパーっと楽しむ日はあっても良いですが、毎日のように寝るのが12時を超える状態や朝が遅くてリズムが悪いと肌にももろに影響が出てきます。

【3.食生活】
食生活の乱れも大きな原因になります。
特に揚げ物などの脂分が多い食べ物が中心で野菜を取らないといった生活を続けていると先ほども紹介をしたマラセチア菌などの菌にとってはよりおいしい皮脂となってしまいます。

脂分が増える事でそれが塊として吹き出物という形で現れる可能性も増えます。

【4.ストレス】
意外と見逃しがちなのがこのストレスです。
直接肌の状態には関係ないと考えていたり、そもそも原因として認識されていない方が多いのでよりタチが悪いという事もあります。

具体的にはストレスを抱える事で免疫力が低下してしまう事でニキビができやすい体になってしまいます。

背中ニキビそれぞれの原因の対処法

それでは4つの原因が分かったところでどのように対処をしていけば良いかをご紹介します。
夏場のビーチに水着を着て堂々と出ていくためにも今日から出来る対処法ばかりですので、さっそく試してみてください。

その1.カビ菌の増殖にはこう対処する

先ず背中にいるマラセチア菌に対する対処法ですが、これはとにかく背中を清潔な状態に保つという事につきます。
具体的な対策としては、常に汗をかいた時に着替えられる下着を一枚携帯しておくと良いです。

運動をする時以外でもちょっとした時に汗をかく事はありますし、これからの季節は外回りをした際に汗をかいてくる事も頻繁にあります。
1時間に一度着替えろとは言いませんが、せめて午前中に商談があって外に出て汗をかいたのであればその後そのまま社内で仕事をするのではなく、一旦お昼休憩のタイミングで着替えるなどの対策は取りましょう。

また、帰宅してからすぐにシャワーを浴びるのも絶対にやるべき対処法です。
中には、朝シャワーを浴びるから帰って来てからは浴びないという方もいるようですが、特にこの時期は絶対にやめて下さい。
その状態で長時間睡眠をとれば寝ている間に菌が増殖してしまいます。

その2.不規則な生活にはこう対処する

次に不規則な生活をしている方にオススメの対処法です。
不規則な生活の原因はたいてい睡眠です。仕事がいつも遅くなってしまってどうしても寝るのが遅くなるのであれば致し方無い部分もありますが、そうなのであればそもそも職場を見直した方が良いです。

長く活躍をし続けられる状態を保てなければそもそも仕事を続けられませんし、そんな事を継続的にさせている職場なのであればそもそも倫理的に問題があります。

また、そうではなくてもついつい夜遅くまで起きてしまうという方もいるかと思います。
そして、その原因の多くがSNS、動画視聴です。これは実際に私もそうでしたらからうなづける理由です。

見る気はなくてもついつい見てしまうのがこれらの恐ろしいところです。対策としては、夜22時以降は見るのを禁止するという自分なりのルールを設ける事です。物理的な距離を話すと案外うまくいきます。

その3.食生活・ストレスにはこう対処する

この2つをあえて1つにしたのには理由があります。
ストレスを抱えている人は最も簡単なストレスう発散手段として好きなものを好きなだけ食べるという行動に出がちだからです。この2つうは実は密接に関係しています。

問題の根本的な実はストレスを感じた次の瞬間にどういう行動を取るかで決まります。
現代社会はストレス社会とも言われていますので、そもそもストレス自体を感じる事を0にしようというのは無理な話です。

そもそもストレス自体は精神的・肉体的に無理が生じている事のサインでもありますからそれを抑える事の方が危険だったりもします。

さて、ストレスを感じた瞬間あなたはどんな行動を取るでしょうか。
実は食生活が乱れている人の多くは財布に手がいきます。つまり、簡単に満足感を得られる食べ物を買おうという行動の前兆です。

というわけでここでは2つの対処方法をご紹介します。
1つはそもそも物理的に財布=お金との距離を離してしまう事です。

もしわけを伝えられる同僚がいれば財布を預かってもらうというのも手段でしょうし、それが出来ないならその日に使う最低限の金額だけを財布に入れてきて、必要以上は入れておかないという状況を作るなどが効果的です。

また、もう1つはそもそもストレスを感じた時にどうするかという対処法ですが、個人的にオススメは散歩をする事です。

散歩は近視眼的になっている状態からより外に意識を向ける効果がありますし、単純に美容・健康のためにもなります。

就業中で散歩なんていけないと思っている方もいるかもしれませんが、トイレに行くふりをして3分くらい歩きまわれば散歩成立です。
効果は驚くほどあるので、ぜひ試してみてください。

ニキビを1日も早く治す方法はこちら

背中のニキビが気になる人必見!背中のブツブツの治し方トップへ戻る

薄毛男性の育毛体験談まとめはこちら