育毛を始めたきっかけは家族から「なんか髪の毛薄くなった?」と言われたこと


44歳 女性 主婦の場合

私が育毛を始めたきっかけは家族から「なんか髪の毛薄くなった?」と言われたことでした。

もともと白髪が目立つ髪だったこともあり、「いや、白髪のせいで地肌が見えるように錯覚してるだけだから」と思っておりました。

しかし心のどこかで「いや、まさか・・・」と少し気になり出すように。

しばらくはそれで過ごしていたのですが、ある日ジムで走った後にジムのシャワールームで髪を洗っていたとき、「あれ?なんか腕に髪がくっつく」という感覚がありました。

抜けた毛が腕に絡みついていたのです。髪が長かったのできっと抜けた毛がたまたま絡みついただけなんだと思ってそのままシャンプーを続けました。

しかしシャンプーが終わってトリートメントをして、髪についた水気を取るために髪を絞っていると、またスルスルと髪が指に絡まってくるのでした。

「なんだかよく髪の毛が絡みつくなぁ」と思ってそのままシャワールームから出て、着替え、髪の毛をジムの備え付けのドライヤーで乾かしました。

ジムのドライヤーは使った後に床を掃除するのがマナーだったので、備品のクリーニング用品で床の髪の毛を取ろうとしました。

このとき「あれ?なんか多い?」と感じました。床には黒い毛がたくさん落ちていたのです。

ですが「前の人が取り忘れたのかもしれない」「自分は髪が長いから多く見えるだけ」と思ってそのままにしました。

しかし家族からの「薄くない?」の声と、その日の一件でどうしても気になりだして、「女性、抜け毛」で検索するとたくさんの商品やクリニックの情報が出てきて大変驚きました。「女性って、女性でも、抜け毛ってあるんだ」と。

女性でも脱毛症があると知り、もしかしたら自分もそうなのでは?と思い始めました。そして調べていくと、「びまん性脱毛症」が女性の一般的な脱毛症であり、それは髪の毛全体の量がまんべんなく減っていくというものでした。 ですが、これは私には当てはまりませんでした。

パート先では「髪の毛ふさふさでいいなー」などと言われているくらい全体の髪の量は多かったのです。それでも気になったのは「頭頂部」でした。

脱毛症について調べ始めた日から、抜け毛の数は数えれば数える程多さが気になっていました。人間一日80本くらいは抜けるなどと言われていますが、どう見てもそんな数じゃないくらいスルスル抜けていきます。

一体どこの毛が抜けているんだろう?と思うと、やはり薄く感じるのが「頭頂部」だったんです。

本当に薄いのか知るのが怖くて染めていなかったのですが、思い切って髪を真っ黒く美容院で染めました。そうして鏡で頭頂部を見ると、やっぱり薄かったんです。

それからネットで調べた情報で、「皮膚科に行くと良い」と知りましたので、皮膚科の専門外来を受診しました。

そこで「男性型脱毛症です」とはっきり診断されたのが最後のきっかけで、勧められた育毛剤を始めました。

これが私の育毛を始めた経緯です。外来を受診してからは抜け毛もどんどん気にならなくなり、早めに気がつくことができてよかったと思っております。

分け目が目立ち始めると一気に老けて見えるのだと実感

42歳 女性 主婦の場合

女性が育毛を検討するケースは、やはり年齢によるものが大きいと感じます。

私が育毛を始めようと思ったきっかけの出来事は、鏡を見て分け目の地肌が異常に目立っているのを発見した時です。

昨日までは気が付かなかったのですが、明らかに目立っており、気にして鏡を覗き込みと間違いなく老けて見えました。

この時の発見は、人生で初めて感じた老化に対する恐怖だったと思います。決して大袈裟ではなく、このままでは困ったことになると怖くなったのを思い出します。

顔のアンチエイジングは多くの女性の悩みとして大らかに受け止めていましたが、髪に関してはメジャーな悩みではない気がしたため怖くなったのです。

高齢になるとウィッグなどを付けられるケースが多いようですが、私の年齢ではまだ早すぎると感じました。

まだまだ自分では若いと思っていましたが、それは大きな勘違いだと実感しました。どんなに洋服を着飾っても、髪の薄さが目立つようでは何の意味もないとハッキリ感じ髪の対策にも取り組み気になったのです。

髪が抜けるようなことはなかったため、多分髪が痩せてしまったのだと感じました。

そこで打った対策は、まず髪型を変えることでした。髪を分けるのを止めるためにショートカットにして軽くパーマをかけてボリュームを出しました。

そして根本的な解決を図るため育毛効果があるシャンプーの使用と育毛剤の使用です。

女性の薄毛に関するケアを調べていると、若い方でも悩みを持っている人がいることが分かりまた様々な良いケア製品があることを知り安心しました。

特に使ってみたくなったのが、女性用の育毛剤です。髪の育毛に役立つ有効成分がたっぷり含まれており、毎日の使用でハリやコシが出そうな気がしました。

見た目が美容液のような容器であり、コスメ感覚で使えるお洒落感にワクワクして、地肌が目立っているのを発見した時の恐怖感はすっかり消えていたのです。

育毛剤の使用感は、特に違和感もなくベタベタ感もなくすっきり使うことができました。顔のケアをするよう、地肌にもみ込むお手入れは結構クセになる感じです。

数週間で髪がしっかりしてきたことを実感でき、「これで将来も安心!」と安堵しました。

地肌の目立ちに気付くまで誰からも指摘されたことはなかったのですが、間違いなく気づいていた人もいたはずです。育毛剤での根本ケアを始めてよかったと、今は感じています。

生え際薄い 育毛剤

育毛を始めたきっかけは家族から「なんか髪の毛薄くなった?」と言われたこと